ハイヤーが利用されるシーン

ハイヤーにはどの様なイメージを持っているでしょうか。多くの人は、大企業の重鎮や国のトップがホテルに乗り付ける際に乗っている、車体の長いリムジンのようなイメージを持っているかもしれません。そう思ってしまう人が多いのは、日常でハイヤーを利用する機会が少ないことや、ドラマや漫画などのフィクションでお金持ちを表現する際に、分かりやすいステレオタイプとしてリムジンが使われるからという理由が考えられるでしょう。

実際には、ハイヤーというのは用途に応じて車を借りる事と、そのサービスを指すのでリムジンそのものの事ではありません。車と運転手を貸し切りで利用できるのがハイヤーサービスであり、車種は多岐に渡ります。もちろんリムジンもありますが、実際はバンやセダンの場合も多いです。車の内装はとても綺麗で、ゆったりと落ち着いてくつろげるような環境となっています。

ハイヤーサービスを利用する用途としては色々ありますが、大事なお客さまが外国から訪れた時などは、送迎に使えば喜ばれるでしょう。社用車や自家用車でのお出迎えではなく、運転手付きのハイヤーであれば、相手も歓迎されているというおもてなしの空気を感じて感動してくれるかもしれません。気分が盛り上がるため、その後の打ち合わせもよりスムーズに進むでしょう。

また、ちょっとした会社間の打ち合わせの送迎において、サプライズとしてハイヤーを利用するのもおすすめです。例えば、その担当者の誕生日であったり、昇進したすぐ後などに手配しておけば、いつも顔を合わせている人に対してのプレゼントになりえます。心のこもった贈りものの代わりとして使えるのもハイヤーの魅力です。

企業での利用以外にも故郷の両親を呼んだときにハイヤーで観光地をめぐるといった、個人の使用にも向いています。予約した人のためだけに時間と車両、運転手を用意してくれる特別なサービスですから、行き先やルートなど、細かなスケジュールであってもできるだけ対応してもらえます。東京の観光スポットを1日で回りたいという希望がある場合も、スポットを厳選して小回りの利くハイヤーで回れば、時間を無駄にすることなく期待以上のスポットを観光でき、充実した素晴らしい時間を過ごせるでしょう。観光中は、ガイドブックなどには載っていないようなプラスアルファの情報を教えてもらったり様々な演出もお願いできるため、喜んでもらえるようなサプライズ観光を考えているならおすすめの手段です。