ハイヤーとはどのようなサービスなのか

ハイヤーとは、配車依頼を受けた乗客を車に乗せ、目的地まで送ってくれるサービスのことです。タクシーと似ていますが、大きく異なる点があります。それは、タクシーは見かけたその場で乗せてもらうことができるのに対し、ハイヤーは車庫が拠点となっている点です。分かりやすく言うと、ハイヤーはタクシーのように巡回していません。完全予約制であり、乗車の際はお客さんが指定した場所まで迎えに行くシステムとなっています。つまり、道端で見かけたからと手を上げて乗せてもらうという訳にはいかないのが、タクシーとの大きな違いです。料金体制は、タクシーが乗車から降車までとなっているのに対し、出庫から帰庫までが基本的な請求の対象となっています。

完全予約制のお出迎えスタイルであるため、きめ細やかなサービスを受けられるのが魅力です。ハイヤーと言えば一般的に高級なイメージが持たれているのも、これによるものと考えられます。また、車両自体にも明確な違いが見られます。タクシーの場合、お客さんが遠くから見ても分かるように、車両の屋根部分に行灯が取り付けられていますが、ハイヤーには見られません。また、車内の運賃を表示するメーターも距離で運賃を計算しないため取り付けられていません。タクシーの窓に貼られているような運賃表示も見られません。

高級車が使われるのも大きな特徴で、黒塗りのものが広く使われています。車格は中型以上のセダンが多く配備されていますが、状況に応じてバンやミニバンを用意している会社もあります。最近では、インターネットの無線ルーターやスマホ充電器を備えたハイヤーが増えていて、時代に即したサービスが受けられるのも特徴です。

ハイヤーがよく使われる場面として、観光があります。駅や空港まで迎えに来てもらい、乗務員の案内つきで名所や飲食店などの観光地を巡ることができます。予約の際に英語対応が可能な乗務員をお願いすれば、海外から来た旅行者も安心です。また、七五三や成人式、結婚式やなど特別な衣装を身に着けている際の送迎でも、よく利用されています。丁寧な接客ときめ細やかな配慮が受けられるので、特別な一日を演出することができます。

赤ちゃんが誕生して産院から自宅まで向かう際にも、ハイヤーを利用するケースがあります。ハイヤーは完全予約制のため、前もって電話などで予約をしておく必要があります。具体的な金額について知りたい時や、自分がイメージしているサービスを行ってもらえるかなどを確認したい場合も、電話やWebで24時間受け付けている会社であれば、思い立った時にすぐに問い合わせることができます。