多様化するハイヤーのサービス

ハイヤーはタクシーと違って、普段利用するケースがあまりなく、サービス内容を知らない人も多くいます。タクシーは、バスや電車などよりは料金が高くなるものの、通常の移動手段として定着しています。その点ハイヤーは、利用客からの要請に対応する形で、指定した時間に自分専用の車と運転手を雇うといった形態となります。利用されるシーンは企業の役員やVIPの送迎、一般の人が使用するケースとして多いのが観光や冠婚葬祭などです。それでも最近では、ハイヤーのサービス内容が多角化していることで、一般の人でも気軽に利用できるプランを打ち出している会社も多数あります。

ハイヤーのサービスで一般の方でも使いたいと思える内容のものとして、観光面でのサービスがあります。観光バスなどとは違い、家族や友人だけのプライベートな利用ができるのが特徴です。例えば東京を中心に観光地を回ってみたいならば、周辺の有名なスポットも含めて、鎌倉や箱根などにも時間内であれば行くことができます。その案内も日本語だけでなく英語や諸外国の言葉で説明してくれる運転手も多いです。そのため、外国から訪れたお客さんを伴った観光にも有効です。また、観光のプランニングも依頼できるため、出来合いの観光プランではなく、利用する側の要望を取り入れたオリジナルのプランを作成しで回ることができるのもメリットです。

加えて、施設のそばに乗り付けることが可能なので、長く歩くことができない人にも重宝しますし、車窓をメインにした観光を行うこともできます。ハイヤーのサービスで人気が出ているのが、高級車での送迎です。車両以外でも、車の中で提供する飲み物やスナック類などをゲストの好みに合うように調整してくれるなど、移動の快適性にも重きが置かれています。

日頃はあまり乗る機会のない高級車を運転手付きで借りることが可能であるため、プロポーズや記念日などのサプライズ演出で使用し、大切な人との思い出を作ることができるのも好評です。

高級感がある車での送迎は、会社の視察などでも利用され、会社のイメージアップにつなげられると利用頻度が高まっています。ハイヤーのサービス内容の高さや多様性は、顧客のニーズを調査し、スタッフの研修などを充実させていることから生み出されています。必要なマナー研修を定期的に行ったり、英語による観光研修を行ったりと日ごろの研鑽の積み重ねがあるからこそ、ハイヤーで心地よい時間を過ごせるのでしょう。